Flower Trip

旅ブログ

【仮想通貨】コインチェックが入金可能に・・・?!

インチェックの「日本円の入金について」

日本円の入金について

 

インチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において、発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、現在日本円を含めた全ての通貨における出金を停止しております。 

このため、日本円の入金は通常通り可能となっておりますが、日本円の出金に関しましては不可となっております。また、日本円以外の取扱仮想通貨に関しましては、現在入金を停止しております。

はてな ブックマークでは炎上確実?!となっておりますね。

利用者の反感を買うだろうけど、ぶっちゃけ「(コインチェックは)お金が必要!現ナマほしい!!」と言っているようなものですね。

corporate.coincheck.com

不正に送金された仮想通貨NEM保有者に対する補償方針について

総額 : 5億2300万XEM 
保有者数 : 約26万人 
補償方法 : NEM保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。 
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。 
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間) 
補償金額  : 88.549円×保有数 
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。 

不正送金されたNEMは日本円で保障するとのこと!

不安だった人はひとまず安心ですが・・・

corporate.coincheck.com

 

入金だけ可能になっている現在、資金(現金)集めに必死というのが本当のところかと。出金可能にすればたちまち資金が減るのは目に見えていますからね・・・

利用者からすれば「はよ出金可能にしろ!」ですね。。

 

金融庁 「コインチェック」に業務改善命令

金融庁は、流出の原因究明がいまだにできていないことに加え、不正なアクセスに対するセキュリティー対策や顧客への対応が不十分など経営管理の体制に問題があることが確認できたということです。

このため、金融庁は「コインチェック」に対し、29日にも法律に基づく業務改善命令を出す方針を固めました。

今後、金融庁は会社に対し、原因究明や再発防止の徹底のほか、被害を受けた顧客への返金を確実に実行していくよう厳しく求めていくことにしています。

わかりやすくいうと「ええ加減なことしとったらイテまうぞ!こらぁ!」ですね!(笑)

www3.nhk.or.jp

 

PS:私はリップル一点買いですが、価値が徐々に上がっています。リップル自体の信用がなくなったわけでもないし、今回の不正流出事件で仮想通貨の信用がなくなったわけではないですね。信用がなくなったのはコインチェックという仮想取引所だけです。

 

Ledger Nano S 正規代理店

ビットコインを安全に保管したい人はこれが参考になります。

いわゆる「塩漬け(長期保管)」です。

トレードしない!長期保持!安全に通貨を保管!

  1. Ledger Nano Sは、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリウム(Ethereum)、 イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、 数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレット
  2. 堅牢なセキュリティで暗号通貨資産、デジタルペイメントを守る
  3. Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能
  4. 有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、 暗号通貨取引のセキュリティを確実に守る