Flower Trip

旅ブログ

「修学旅行の思い出」なんてねぇよ はてなが俺に喧嘩を売っている

今週のお題「修学旅行の思い出」

「修学旅行の思い出」なんてねぇよ はてなが俺に喧嘩を売っている

修学旅行ね・・・・思い出ね・・・・

思い出したくもないけど書いてみようかな。

でもできるだけ最後まで読まないでください。

 

修学旅行、スキー旅行だったんですよ。

俺は寒いのが苦手だし、寒いと必ずお腹が痛くなる。拷問に行くようなものだった。今考えれば体調不良とかで部屋にこもるか、その分お風呂とか一人で入ってのんびりしていればよかった。

だいたい団体行動嫌いだし、相部屋で同級生はうるさくて眠れないし、いいことなんか一つもない。

スキーは完全団体行動

スキーに出ると完全に団体行動になった。チームに分かれて滑って行く。勝手な行動は許されない。しかし俺は途中からやっぱりお腹が痛くて仕方がなかった。次の休憩までいったいどれくらい時間があるんだ?トイレはどこだろう?我慢できるかな・・・

お腹が痛いのを我慢するのは日常茶飯事だったけど、雪の中だとかなり厳しかった。それでも俺はギリギリまで我慢した。。一分一秒がとても長く感じた。

 

 

やっと休憩になってレストランみたいなのが見えたので、ここで俺はやっと一目散にトイレに向かった。

 

 

 

やっと解放された・・・

 

 

圧倒的安堵感が訪れる中、上下一体になったジャンプスーツタイプのスキーウェアは、難を逃れたかと思えた俺にさらなる試練を与えた。

 

 

 

 

ぬ、脱げない・・・・ま・・・間に合わん!!!!!

 

ジーザス!!!

 

 

 

俺の肛門はもう限界をとっくに過ぎていた。

 

 

 

ま、まだだぁぁぁぁぁ!!!!

 

まだでちゃダメだぁぁぁぁぁ!!!!!

 

 

ぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敗北・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールはすぐそこまで見えていたのに・・・・

 

 

俺は負けた・・・・

 

 

 

 

なぜだ??? どうしてだ???

 

 

あと少しで完全制覇するはずだったのに、敗北に終わったSASUKEの選手のように、そう頭の中で繰り返していた。

 

 

 

俺は無残な姿になったあまりにも変わり果てた自分をキレイにするので精一杯だった。

 

臭かった。。。

 

 

あまりにも俺がトイレから出てくるのが遅いので、同級生がトイレに呼びに来た。

 

 

そのあと、俺はどうしたのか覚えていない。

体調不良ってことでその後の活動を休んでいたのかもしれないけど、とにかく覚えていない。多分死んだんだ・・・

 

 

今だに寒いところが苦手だし、気温が下がると体調が悪くなる。

南国で1ヶ月暮らしてみたけど、お腹が痛くなることがほとんどなかった。耳鳴りも感じなかったし。俺にとってあたたかな気温がどれだけ大切かがわかった。

 

個人的には修学旅行なんて廃止すればいいと思うよ。それか自由参加で。俺は参加しないから!